軟水硬水違い

水宅配ウォーターサーバー比較

スポンサードリンク


水の硬さと軟らかさ?

水は大きく分けると軟水と硬水に分類できます。軟らかいとか硬いとかでは分かりづらいかもしれません。

 

水の硬度は、その水中に含まれている成分によってきまります。その成分とは、カルシウムとマグネシウムです。水の中にカルシウムとマグネシウムがどれだけの割合で含まれているかで、軟水か硬水かが決まります。

 

軟水と硬水の世界の定義では、「カルシウム×2.5+マグネシウム×4.1」の公式を用いて、その数値が60mg未満の場合は軟水となります。60mg〜100mgで中硬水、120mg〜180mgが硬水、180mg以上が超硬水となります。

 

日本の場合だと世界の基準とは少し違って、100mg以下が軟水、100mg〜300mgが硬水となっています。

 

軟水と硬水は見ただけでは判断するのは難しいですが、飲んでみることで舌触りや味が変違うのが実感できます。

 

硬水の特徴

最もクセが強いのが硬水です。硬水にはマグネシウムやカルシウムが多く含まれているので、重みがあり、水を飲んだという感覚が非常に強い水です。そして、お湯を沸かすのには比較的不向きで、料理にも不向きといわれています。

 

硬水はお茶の苦味や料理の味を崩してしまい、素材の味や風味が邪魔されてしまうからです。

 

軟水の特徴

軟水は硬水と比べると淡白でクセがありません。その分飲みやすいのが特徴です。軟水は逆にマイルドなコーヒーを飲みたい場合や、他にも焼酎やウィスキーを水で割るときや緑茶などの日本茶を入れるのに適しています。

 

特に紅茶を入れる場合には、香りが破壊されない軟水のミネラルウォーターをおすすめします。

 

料理に関してもご飯を炊いたり、だしをとる水、野菜を煮る水には軟水が適しています。料理やお茶にも使用できるので使い勝手が良く、日本人に好まれますね。ちなみに、日本の水道水は軟水です。

 

各ウォーターサーバー業者の水は硬度30〜60前後の軟水の物が多いようです。